無視せざるを得ぬ町…っ! 2話 ネタバレと感想 まろん☆まろん

無視せざるを得ぬ町…っ! 2話 ネタバレ クラスメートに聞かれながら真由子は処女を散らし、中〇しされてしまう♡

先生に指名された真由子は、
椅子から立ち上がり
音読を始める。

すると真由子のパンツは
しっとりと濡れていて
お〇んこが透けて見える♡

くぱぁ♡ポタ♡ポタ♡ポタ♡

「うわっすっげメス臭♡トロっトロじゃん♡」

彼が真由子のお〇んこを拡げると
ポタポタと愛〇が床に落ちる♡

「真由子、挿れていい?」

彼が問いかけるが
真由子は答えることができない。

ぐちゅ…♡ぐぐ…♡ぐ…♡ズプププ…♡

彼のち〇ぽが真由子の処女膜を破りながら
お〇んこの奥まで挿入されていく♡

ぐちゅ♡ぐちゅ♡ぐちゅ♡ぱんっ♡ぱんっ♡ぱんっ♡

「はぁっ♡はぁっ♡はぁっ♡」

彼がバックから真由子の処女〇んこを
突くたびにいやらしい音が教室に
響き渡る♡

真由子は突かれるたびに
身体中を電流が走るような感覚になり、
意識が飛びそうになる♡

自分が好きな女子が別の男に犯される様子を
男子達はただ聞くことしかできない。

異常な状況にも関わらず
真由子はおっぱいを揺らしながら
何度もイってしまう♡

どぷっ♡びゅるるるるる♡

彼は真由子に中〇しを決めるが
一度では収まらず…

真由子の子宮が精〇でパンパンになるまで
何度も中〇ししてしまうのだった♡

ようやく彼とのS〇Xが終わると
真由子はその場でぐったりしてしまう。

お〇んこから精〇を垂らしながら
真由子は心の中で彼に謝るのだった…

無視せざるを得ぬ町…っ! 2話の感想

7ページで真由子のお〇んこが
びちょびちょに濡れていて、
いつでもち〇ぽを受け入れられる
状態になっています!

彼でなくてもこんなスケベ〇んこを
目の前にしたら男としては、
やらない方が失礼ではないでしょうか?

13ページからはとうとう彼にち〇ぽを挿入され、
真由子は処女を散らしてしまいます♡

しかしHカップバストを
ぶるんぶるんと揺らしながら
教室で突かれている様子は、
クラスのアイドルではなくAV女優のよう♡

その様子を無視しなければいけない男子は、
まるで寝取られものの作品を見せられている
感覚なのでは?

真由子は巨乳を下品に揺らしながら
バックから突かれている様子が
最高です!